9記事でアドセンス審査通過した時のブログの状態を書く【2018】

目安時間:約 17分

うも、nicoです。

 

前回の記事「第9回!文章リライトツールMSRを使ったら記事作成時間が8分の1!?」を

書いてからあっというまに20日。

 

その間にこのブログを見てくれてた人は、

あー、こいつまた更新やめたんだなー やっぱノウハウコレクターはダメですわぁ

と思ったことでしょう。

 

し か しwww

 

続けてるんだなーーこれが!

 

ちょっと忙しくてこっちのブログを更新する余裕がなかった

(アドセンスブログを更新したあとにこっちも更新するのはけっこう時間がかかる)ので、

こっちの更新を一旦犠牲にしてたと…。

 

 

そんなことはさておき、

今回はnicoがアドセンス審査に通過し、

無事アドセンスを取得した話をします!

 

 

アドセンス審査の詳しいことは、

検索すればほかのブログが事細かに書いているのが大量に見つかるので、

この記事では「実際に通過したときの状況」を詳しく書きます。

 

正直に言って、そこらへんの記事で書いてあるような条件よりも

圧倒的にヌルい条件で審査に出し、1発合格しました。

 

 

だからと言って同じようにやって100%通過するという保証ができるわけではないですが、

人間というのはいい意味でも悪い意味でも基本怠け者なもの。

 

こうすれば通りますよ!という条件を見ても大変だと感じたら

「もっと手抜きした状態で通過した人いないのかな?」と、

手抜きしている人を見つけて気持ちを楽にしたいものなんです。

 

ガチガチな条件じゃなくても通過した人を探して

自分も手抜きする言い訳にしたいものなんですよ!!

仲間を見つけたいんです!

 

ええ、nicoも「50記事書いて申請したら通りますよ」

とかいう記事を見て大変そうだったので、

10記事とかで通過した人いないのかなっていっぱい探しました^^;

 

 

というわけで、今回はかなーーーりゆるい条件でクリアした

nicoのアドセンス審査ブログの状況を紹介するので、

「いろいろ記事見たけど実際どんなもんでOKなのよ?」と

悩んでる方はぜひ参考にしてください。

参考にした結果落ちたらごめんなさいねー!w

nicoがアドセンス審査を1発合格したときのブログの状況紹介

まずは審査に出したときのブログの状況をさらっと紹介しますね。

 

  • 特化型ブログ(本命)とは全く別の、審査用のブログを用意しました
  • ドメインは新規で取得
  • サーバーはロリポップ
  • テーマ(テンプレート)は賢威
  • ブログ運営開始から7日ほどでアドセンス審査申請
  • 記事数8記事
  • 審査期間中の更新1回
  • 画像有り
  • プライバシーポリシー無し
  • お問い合わせページ有り
  • プロフィール無し
  • 申請から約1か月で合格

ざっくりいうとこんな感じですかね。

 

巷で言われているアドセンスに通るための条件とはかけ離れているのが一目でわかると思います。

 

ここからはもう少し詳しく説明していきますねー!

本命のブログと審査用のブログって分ける必要あるの?

nicoもかなり迷ったんですが、

nicoの場合はトレンドに近いような内容の特化(アイドル系)ブログなので、

審査には不向きだと判断。

 

審査用のブログを別に作ることにしました。

 

ただし、現在のアドセンス審査は人の役に立つような情報を書いていることや、

1つのジャンルに特化した専門性の高いブログであることが有利に働くと言われているので、

特化ブログを書いている人は本命のブログで申請するのもアリでしょうね。

ドメイン運営歴って関係あるの?取得から1か月は待てって聞いたけど

nicoも1か月は待てって聞いたんですけど...

我慢できなくなって「ゆるい条件で申請して通過した人」を検索しまくりました。

 

その結果ドメイン取得から1週間や2週間で申請した人も少しですが見つかったので、

ドメインの運営歴が長い必要はないのかなと。

 

もちろん長ければ長いほど有利だとは思いますけど、

結局そのあたりはGoogle様にしかわからないことなので、

前例があるならとりあえずやっちゃえって感じでやっちゃいましたね。

 

落ちてもまた申請できるわけですし、

早めに申請して通らないなら、

また申請する頃には1か月くらい経っていい感じになってそう!って思いましたw

 

ようはダメ元ですね!

審査通らないんだけどサーバーとテーマ(テンプレート)って審査に関係ある?

サーバーは基本的には関係ないと思います。

 

ただ、ユーザーから見て利便性の高いサイトほど審査では有利になると思うので、

テーマはできるだけ見やすいほうがいいと考えました。

 

あとはnico自身が賢威を持っていて、

ある程度扱いにも慣れていますし、

ユーザーから見ても見やすいテーマだと感じているので

審査用ブログにも採用しました。

記事数は30~100、更新頻度は毎日。審査期間中も毎日更新って聞いたんですけど?

すみません!

ぶっちゃけ審査期間中はnicoも毎日更新しようと思ってたんですけど、

サボっちゃいました。(本音

 

 

記事数も30くらい書いてからのほうがいいと思いました。

が、審査用のブログにそんな労力はかけられません。(唐突な金持ち思考)

 

5記事くらいでもけっこう大変だったので、8記事で申請しちゃいましたよ!

 

そこからは毎日更新!と言いたいところですけど、

まあ上にも書いてある通りサボりまして、結局1更新のみ。

 

合計9記事の状態で審査結果を待つことになりました。

アドセンス審査に画像は使うなって聞いたんですけど

これに対してはけっこういろんな考えがあるみたいですけど、

Googleの一番求めている物は、ユーザー目線になったときに役にたつサイト!

ということを意識してみました。

 

そう考えると、文字だけのブログよりも、

画像があったほうが読者も読みやすく疲れないですよね。

 

 

ってことで普通に本文に画像入れましたけど結果的にはOKだったみたいです。

 

もちろん、アイキャッチ画像にも設定しましたよ。

 

動画は使わなかったのでわかりませんが、画像は設定するのをお勧めしますよ!

プライバシーポリシー無しってマジ?

マジです!

アドセンスを使用する際にはプライバシーポリシーが必要なようですが、

申請時にはあえて設置しませんでした。

 

なぜなら、アドセンス審査用ブログは審査の時点では

まだ「個人が書いてる趣味ブログ」みたいなものなので、

そんなものにプライバシーポリシーが必要というのは不自然だと感じたからです。

 

 

現実のお店で例えるなら、ブログはお店、

プライバシーポリシーは看板みたいなものでしょうか。

 

アドセンス通過前のブログはまだお店ではなく、家だと考えてください。

 

 

アドセンス通過後は家が「お店」になるので、看板は必要ですよね?

でもアドセンス審査の段階ではまだ「家」なので、

お店としての看板は必要ないわけです。

 

というのはnicoの考えですが、

プライバシーポリシーが必要派の人の意見もアリだと思います。

 

どうせ設置するんだから先に置いておいてもいいですしね。

 

ただ今回は、一応無しの状態で審査して、通過したという結果にだけ注目です。

でもお問い合わせページは置くんかいっ!

お問い合わせページは深く考えてなかったのですが、

nicoがいつも入れるプラグインの中に

お問い合わせページを作成するプラグインも含まれているので、

自然と設置された感じですね。

 

 

ワードプレスをインストールして、プラグインを入れて、

お問い合わせやカテゴリーなどの簡単な設定をするところまでが

自分の下準備なので、一連の流れでやっちゃっいました。

 

 

必要かどうかはわかりませんが、これもユーザー目線になって考えるなら、あって損はなさそうですね。

アドセンス審査ってプロフィールいらないの?

アドセンス審査通過方法の記事を見てみると、

プロフィールも必須項目に含まれていることがよくあります。

 

 

どこ生まれてでどんな人間でどんな思いでブログを運営しているのか。とかですね。

 

ただ、審査用ブログですし、

そもそも自分のことを色々明かしてしまうのは恥ずかしいという人も多いはず。

 

そんな人にはいいお知らせになるでしょう。

 

nicoはプロフィールを一切書かずに審査に出しましたが、無事通過しました!

 

生まれた地域はもちろん、性別すら書いてないです。

 

プロフィール写真も無しですし、プロフィールという項目すら作りませんでした。

アドセンス審査の期間ってどんなもん?どんな気持ちだったの?

アドセンス審査の期間は人によっていろいろあるみたいですけど、

nicoの場合は1か月かかりました。

 

 

その間何の連絡もなく、正直不安でした。ほんとに不安な人間なら審査中も記事更新してるんだよナーー

 

忘れたころに通知が来て、

ポップコーンとおっさんお兄さんみたいなのがパーーンって感じ。

 

巷ではアドセンス審査が大変だとか、

通らないという話をよく聞くので、

かなりテンションが上がりましたね!

 

もうこれだけで成功者への大きな第一歩を踏み出したって感じで!

アドセンス審査ブログの記事内容と、記事の文字数とか教えて!

前途の通り、現在のアドセンス審査は専門性が高く、

ユーザーにとって役に立つ記事を書いているほうが有利になると考えられています。

 

いろいろ雑になってしまってたnicoもその部分だけは

しっかりと意識して、1つのジャンルに特化した審査用ブログを作りました。

 

 

え?ジャンルを教えろ?

 

えーー!どうしよっかなーーーー!

 

ジャンルはですね、ずばり 睡眠系 です。

 

記事の内容は、眠りの質を上げる方法とか、仮眠についてとか書きました。

 

1記事の文字数は少ないもので1500程度。

多いもので3000を超えていました。

 

2000文字を目安に書いていって、

そのつど多少増減するって感じですね。

 

 

アドセンス審査用のブログは、

現時点でのブログの検索順位が関係あるわけではないと思う

(nicoのブログは2ページ目以降が当たり前だった)ので、

審査用ブログのジャンル思いつかないよーー!って人は、

すでに審査に通った人のジャンルを真似するのもありだと思います。

 

 

実際アドセンス審査を通過するための教材なんかを見てみると、

大勢が同じテーマ(むしろ同じネタ)で書いていてもしっかりと合格しているようなので。

 

だからどうしても思いつかない、

なんでもいいって人はnicoの真似するのもアリですよお…(悪魔のささやき)

アドセンス審査用ブログのアクセス数ってどんなもんだった?

0

 

0ですよ!!

開始7日で8記事しか入ってないブログですからね。

アクセスなんてくるはずありません。

 

 

ちなみに、審査通過直前(申し込みから1か月後)になってもほぼ0でした。

(たまーに数アクセスきてることもあった)

 

なのでアクセス数は気にしなくてもよさそうです。

アドセンス審査が終わったら審査用ブログは削除する?

もったいないのでアドセンス審査に合格したあともブログは置いておきます

 

書いていて思ったのが、

「これこのまま特化ブログにしたら物販もいけるんじゃないかな?」ということ。

 

睡眠って意外と需要ありますし、睡眠障害とかもあるので、

売れるものたくさんあるんですよね。

 

 

しかも最近になって睡眠負債とかいう新しい言葉もできてきて、

ますます睡眠や睡眠の質に対する注目度が上がってきているので。

 

あとはジャンルを変えて、ごちゃ混ぜブログにしてしまうというのも手です。

 

アドセンス審査に通過するということは

ある程度記事数なり記事の質なりがイイ環境になっているはずなので、

削除してしまうのはもったいないです。

まとめ

今回はnicoがアドセンス審査に1発合格したときのブログの状況について報告してみました。

 

やっぱり、少しでもゆるい条件で通過してる人の話を聞くと気が楽になりますよね。

 

nicoもそうだったので、同じような心境の人が

この記事を見て少しでも気楽にアドセンス審査に挑戦してくれればうれしいです^^

 

ただし!落ちてもnicoのせいにしないでくださいね!

 

以上。

次回はいよいよこの1か月の特化ブログ運営の報告をしたいと思います!

 

nicoのブログのアクセス数はどのようになったのでしょうか?

お楽しみに~。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキング参加中!

人気ブログランキング

応援していただけると嬉しいです^^!
管理人プロフィール

名前:ニコ

自分と家族の自由な時間のために
アフィリエイトをスタート!

 

物販・アドセンス・情報発信など
様々なジャンルに挑戦し、
挫折を繰り返しながらも
少しずつブログから収入を得られるようになってきました。

 

現在はブログ記事の外注化を取り入れ、
自由な時間を過ごしながらも
報酬が増えていくような仕組みづくりに挑戦中。

 

興味を持ってくれた方はぜひ、
ニコの詳しいプロフィールをご覧ください。

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
 
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss