コピーコンテンツの疑い93%!外注さんがコピペ納品してきたw

目安時間:約 11分

どうも、ニコです^^

 

今回は外注さんに依頼した記事が

「コピーコンテンツの疑い」を通り越して

露骨なコピペだった話をします。笑

 

今まで数々の記事をチェックしましたが

さすがにこれはひどすぎるだろうw

というレベルのものが納品されたので

これから記事の外注化をしようと考えている人は

「こういうこともあるんだな」ということを知っておいてください!

そもそもなぜコピーチェックをしているかと言うと…

コピーコンテンツをブログに投稿してしまうと

Google先生からペナルティを受ける恐れがあり

最悪の場合ブログが圏外に飛ばされて収益が0になるからです。

 

だからこそ、コピーチェックは

ブログ記事の外注化をしている人にとっては

生命線とも言える重要な作業!

 

 

「自分が契約しているあの人に限って…」

と思っても、しっかりコピーチェックだけは行ったほうがいいですよ!

コピペ納品してくる奴は悪質か!?

現在はコピーコンテンツの危険性が様々な場所で語られていますので

外注化をする人は、外注さんには必ずと言っていいほど

「コピペはやめてくださいね」と念を押していたり

外注さんに渡すマニュアルに

情報収集と記事の作成方法を記してあるはずです。

 

 

しかし、それでもコピペしてくる人はいます。

 

マニュアルを読んでいなかったり、

バレないだろうと考えるのでしょうが…

そういう人はそもそも不真面目なので(真面目だったら話を聞いているはずなので…)

外注ライターさんとしてはあまり好ましくないですね…。

 

ただ、外注さん側からしても

どの程度の記事ならコピーコンテンツにならないのか?

という線引きが最初はできないはずです。

 

だからちょっと怪しいくらいの記事を納品してきたからと言って

即座に悪質だ!とは言えないんですよね。

 

なので、1~2回は丁寧に教えてあげるのも大切だと感じています。

どれだけ慣れ親しんでいてもコピーチェックは大切!

ニコは元々人にきつく言うのが苦手なので

これまでも外注さんとはやんわりと接してきて、

数か月という長い間契約を継続していただいており、

ある程度信頼関係も構築できていると感じていました。

 

にも関わらず…ある日突然コピーコンテンツが納品されたのです!

 

 

これまでもコピーの疑いが51%や56%という際どいラインのものが

何度か納品されていたのですが、

固有名詞の多い文章などはどうしても表現を変えることも難しいため

「これくらいはギリギリセーフだろう!」と考えていました。

 

実際それで問題になったこともなかったので。

 

 

仕事もテキパキこなしてくれる外注さん…

これなら任せておけば大丈夫だろう!と思った矢先…!!

 

とんでもないコピーコンテンツを納品してきたのです!!

 

ピピピピピピ…(コピーチェック中)

 

コピーコンテンツの疑い…41%…

 

ピピピ…55%…62%…

 

まだ上がるぞぉ…!!!ピピピピピ78%…

 

…ピピピピピーーーー

 

コピーコンテンツの疑い  93%!!!!

 

 

えええええーーー!

 

あんなに信用してた外注さんが、まさかのコピペ!?

93%ってさすがにリライトが下手くそでしたとかいうレベルじゃないですよ。

 

ほとんどコピーして貼り付けただけ。

正真正銘のコピーコンテンツです!

 

どれだけ信用していようと、

ある日こういうこともあるんだな…

やっぱりコピーチェックは大切だと再認識。

よく見ると記事の構成から画像、広告まで全部コピー

記事を見てみると、記事の構成や使っている画像、

そしてアフィリエイトリンクまで全てコピペでした。

 

 

そもそもなぜニコは、

外注さんを信頼していたのにコピペに気づけたのか?というと、

このコピペ納品をしてきた外注さんには、

ワードプレスにログインしてもらって

直接記事執筆を依頼していました。

 

で、たまにワードプレスの下書き記事を見て

進み具合をチェックしていたんですね。

 

「今日も書いてくれてるかなー?」っと。

 

 

そしたら、

こちらの指定した見出しを使わずに記事を書いていて

しかも記事終盤にはアフィリエイトリンクと思われるリンクまで張っていました。

 

 

これはなんだか変だぞ…?と心配しながらも、

それをたたき台にして記事を作っていくのか

相手からの連絡を待っていました。

 

そして翌日。

クラウドワークスからのメール通知が入り、

外注さんからメッセージが届いているとのことだったので

チェックしてみると…

 

 

「完成しました。記事の確認をお願いします。」

 

 

と、コピペの記事を何の修正もせずにそのまま出してきたのです。

これにはさすがのニコも怒りを感じました。笑

コピペ記事を納品してくるな!!

とは言えないニコなのでw。(小心者)

 

丁寧に

「〇〇(URL)のサイト様を参考にされたのだと思いますが

コピーチェックを行った結果、元記事との類似性が高く

このままでは使用できません。」

 

というようなことと、コピーコンテンツがなぜダメなのか?

コピーにならないためにはどうしたらいいのか?

(情報収集やリライト方法)

についてお伝えして、修正をお願いしました。

 

 

するとすぐに謝罪の連絡が入り、

修正に取り掛かっていただけました。

 

そして翌日

修正後の記事を納品してくれて、

内容もガラリと変わっていたので

もう大丈夫だろうと思いつつも念のためコピーチェック。

 

 

・・・

・・・・

コピーコンテンツの疑い 89%!

 

ほとんど変わってないやん!!!!!

 

 

今度は全く別の記事からパクッてきただけだったようです。

 

この外注さん、

ダメだしされて念を押されたのにまた同じことができるなんて

すごい根性のある人だなぁ…と感心しました。笑

 

 

その後もう一度修正をお願いすると

今度はしっかりと修正していただけましたが、信用していただけに

なんだかなぁっと少し悲しい気持ちになったニコなのでした。

外注さんの記事は必ずコピペチェック!投稿は必ず自分で!

今回の件で学んだのは、どれだけ仲良くなったとしても

コピーチェックは怠ってはいけないということ。

 

外注さんも人間ですからね、

手を抜きたくなるときもあるのでしょう。

 

 

それからもう1つ。

 

外注さんにワードプレスにログインしてもらって

記事を作成してもらう場合は、

外注さんに与えるワードプレスの権限は下書きまでのものにすること!

 

今回は記事を公開する前にコピペであることに気づけたので

何事も起こりませんでしたが

これがもし、外注さんが記事を書いてそのまま投稿していたら…

間違いなくニコのブログはペナルティを受けて圏外に飛んでいたでしょう。

 

そういう事態を避けるためにも、

外注さんには下書きとして記事を保存するところまでお願いして、

記事の投稿(公開)はしっかりとコピーチェックをした上で

自分の手で行うのが正解だと感じました。

 

 

コピーチェックや記事投稿専門の外注さんを雇うのもありですが。笑

まとめ

今回のニコの行い。

 

・信用していた外注さんにコピペ記事を納品される

・用心棒なみの警戒心でコピーチェックを行いコピペを見抜く

・修正を依頼するも再度コピペ納品される

 

例え外注さんと仲良くなっても

仕事としてブログを書いてもらっている以上、

こちらもやることはしっかりとやる!という意識も大切だと感じさせられました。

 

コピーチェックは大事。絶対!

 

 

というわけで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

ランキング参加中!

人気ブログランキング

応援していただけると嬉しいです^^!
管理人プロフィール

名前:ニコ

自分と家族の自由な時間のために
アフィリエイトをスタート!

 

物販・アドセンス・情報発信など
様々なジャンルに挑戦し、
挫折を繰り返しながらも
少しずつブログから収入を得られるようになってきました。

 

現在はブログ記事の外注化を取り入れ、
自由な時間を過ごしながらも
報酬が増えていくような仕組みづくりに挑戦中。

 

興味を持ってくれた方はぜひ、
ニコの詳しいプロフィールをご覧ください。

人気の記事
最近の投稿
カテゴリー
 
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss