アクセス中古ドメインのプラチナランクを買って無双する計画立てたった

2019 9/02
アクセス中古ドメインのプラチナランクを買って無双する計画立てたった
ニコ
ニコ
どうも、ニコ(@nico_ccho)です

 

今回は中古ドメインを使ってアクセスを取りまくる…という計画の話。

「ブログにアクセスこなさすぎ」

WordPressでブログを作ったら誰もが1度は抱くこの悩み。

新規でドメインを取ってブログを構築すると、どうしても最初の3か月~6か月はアクセスが来ないと言われています。

 

ある程度慣れてくると1か月目からアクセスを集められるようにもなるのですが、それでも時間が経つごとにアクセスが増えることを思うと、1か月目はまだまだブログの評価が低いことがわかります。

もたもたと評価を待っている間にブログ初心者のモチベーションはどんどん下がって離脱。

ベテランブロガー(アフィリエイター)も最初の2~3か月間の収益を最大化できずに損失を出しているようなものではないでしょうか。

 

そこで…

  • 1か月目から最大限評価される方法はないのか…?
  • 不慣れな初心者でもすぐにPVを集められる方法はないのか…?

と悩んでたどり着いたのが「中古ドメイン」です!

中古ドメインは過去に使われていたドメインで、運用歴が長く、評価も高いドメインのこと。

中古ドメインを使ってブログを作ることで、ブログの評価が高い状態でスタートすることができて、1か月目から成果を出しやすい!と言われています。

 

ホンマカイナ!!!って話ですが、とりあえず信じて飛び込んでみるのが僕。

※ニコは特殊な訓練を受けています。普通の人がこの考え方で動きまわるとすぐに騙されるので注意。

というわけで今回は、中古ドメインを使ってweb上のライバルたちをなぎ倒し、ネットビジネスという乱世で無双するための計画を立ててみました。

ニコ
ニコ
気分は信長~w
目次

そもそも中古ドメインは本当に効果がある?

画像

中古ドメインによる対策は2019年9月現在も有効。これは確認済みです!

正直に言うと、僕はそれほど中古ドメインに詳しいワケではないです。

元ノウハウコレクターなので、一応中古ドメインを選定するための知識を少しは持っていますし、実際にドメインを購入したこともあります。

しかし「中古ドメインはブラックSEOっぽいし」と、どこか否定的な気持ちがあったので、ガッツリは手を出していませんでした。

 

「中古ドメインは上位表示が早いよ!上位取りやすいよ!」

と聞いたことはあっても、実際にその効果を体験してみないと信用できない気持ちもあります。

しかもベテランのアフィリエイターいわく、中古ドメインにはアタリ・ハズレがあるそうで、仮に同じテーマの記事を投稿しても順位のつき方がまったく違うのだとか!

ややこしすぎてハゲそう

 

そこで事前にいくつか中古ドメインを購入して、挙動をチェックしてみました。

今回テストで購入したのは3000円~5000円のものを3つ。

 

そこそこお手頃なものだったのですが、1記事目を投稿した翌日には順位がついていました

ほ…本当にインデックスが早い!

しかも順位が高いものだと(ボリュームが少ないキーワードでですが)10位付近に来ていました。

低いものだと70位くらい。

順位こそ低いものの、こちらもすぐにインデックスされて順位が付いている時点で新規ドメインよりスタートがスムーズなのは間違いなさそうです。

 

評価までの時間を圧倒的に短縮できることや、検索需要が大きいキーワードの攻略難易度が下がる可能性を考慮すると、中古ドメインに投資するのはかなりいい買い物かもしれません。

というわけで中古ドメインは使える!!と結論を出しました。

[box05 title=”この章のまとめ”]

中古ドメインは2019年9月も効果が確認できて

  • 早い
  • 強い
  • 安い(費用対効果的な意味)

[/box05]

中古ドメインを選ぶのが大変すぎるので販売業者「アクセス中古ドメイン」を使う

画像

中古ドメインが効果的なことは先の検証でわかりましたが、いわゆる「アタリ」と言われるような中古ドメインを探し当てるには知識が必要です。

  • その中古ドメインがどのように運用されていたのか
  • どこからリンクをもらっているのか
  • DA(ドメインオーソリティ)はどのくらいか

など…調べる項目はたくさんあります。

ニコ
ニコ
正直大変…

そして調べるだけ調べたとしても、最後には「使ってみなければわからない」というランダム要素もある。

高いガチャガチャみたいな感じです。

ベテランアフィリエイターなら豊富な経験からアタリの中古ドメインを引ける確率も高くなってきますが、昨日今日に中古ドメインに興味を持ったビギナーだと勝算は3割程度でしょう。

 

もちろん一口に中古ドメインといっても、値段がピンキリなので、高い物に手を出せばアタリを引ける確率も高くなります。

しかし、いくつもある項目をツールで調べまわるのは非常に手間…。

そこで中古ドメイン初心者(僕含む)が利用すべきなのが、ドメイン販売業者。

ドメイナー(ドメインチェックのプロ!)が本当に質のいいドメインなのか?チェックしてくれているので、アタリを引ける確率が大幅に上昇します。

その分費用は多少かかるので、自分で選定できるからとりあえずまとめ買いしたい!という人には向かないですが。

 

販売業者の中でも僕が気にいったのが、「アクセス中古ドメイン」という販売業者です。

当たり前なのですが中古ドメインで一番大切なのは、SEOでプラスの効果を得ることですよね。

にも関わらず、マイナスの影響を与えてしまうようなハズレドメインが多く出回っているのが現状。

それに対してアクセス中古ドメインは、中古ドメインが持っている被リンクの品質・安全性のチェックを行っています。

またペナルティ付きのドメインではないか?という点に関しても目視でチェックを行っているそう。

プロのチェックで損失を回避できるのは嬉しいですよね。

 

さらにアクセス中古ドメインは「品質を最も重視している」と謡っている業者でもあり、プラス効果の大きいドメインが多いように感じます。

万が一ペナルティ付きのドメインの場合は、返品・返金にも対応しているので、その点も安心ですね。

[box05 title=”この章のまとめ”]

  • 中古ドメインを自分で選ぶのは大変
  • ペナルティ付きのハズレドメインも紛れ込んでいる
  • 品質重視の販売業者「アクセス中古ドメイン」での購入がオススメ
  • ただし自分で探すよりも費用は多少かかる

[/box05]

アクセス中古ドメインのドメインランクについて

画像

アクセス中古ドメインでは、独自の指標に基づいて中古ドメインにランクが振り分けられています。

ランクは次の4つ。

  • プラチナ:最高品質。
  • ゴールド:メインサイトに最適。
  • シルバー:サテライトサイトに。品質重視。
  • ブロンズ:サテライトサイトに。価格重視。

プラチナが最上級のドメインで、ブロンズが最も安価でSEO効果の低いドメイン。

中古ドメインリスト

価格はピンキリですが、安いものであれば2000円程度から購入することができます。

高いものになると10万円を超えるものも。

僕が中古ドメインのテスト段階で購入したのは3000円強のブロンズ2つと、5000円強のシルバーが1つ。

 

結果がよかったのは5000円のシルバーの方なので、ランクや価格はしっかりと効果に反映されていると感じました!(試した数は少ないですけど…!)

公式のランクごとの一言コメントによればシルバーは「サテライトサイトに。品質重視。」とのことですが、これならメインサイトに使うのもありかな~と思いますね。

 

そもそも今回の計画では新規ドメインより強ければ何でもOKなので、そういう意味で考えるならブロンズでもOK。

でもどうせやるならもっと強いので試したい気持ちってありますよね。

僕も男の子なので…ツヨイモノに憧れるんですよ…!

ニコ
ニコ
ということで…今回の無双計画ではもう少し奮発してみます。

最高ランクの「プラチナ」でライバルを蹴落として無双する(予定)

画像

今回僕が狙っているのはプラチナ。

アクセス中古ドメインの中でも最高ランクのドメインですね。

プラチナならライバルと同品質の記事をあげても、ドメインの強さで余裕で上位表示が取れるだろうというチョコラテのように甘い考えで決めました!

とりあえず予算は5万円~7万円。

 

事前の調べによると、38000円くらいでプラチナドメインを購入した方の記事がありまして…

  • 2週間程度でいろんなキーワードで上位表示ができるようになった
  • 4週間でミドルキーワードでも1ページ目に入った!

などと楽しそうなことが書かれていました。

ニコ
ニコ
羨ましい…

一方で中古ドメインのSEO効果は永続的に続くものではなく、数か月で消失してしまうとの噂もあります。

消失までの期間・消失の真偽についてはハッキリとした答えを見つけられませんでしたが、仮に消失するとしても、消失までの数か月間を上手く使ってスタートダッシュできればOK。

 

上位表示が早い・上位表示しやすいということは、トレンドのような足の早いネタを狙っていくこともできますし、ライバルの強いミドルネタにガンガン攻め込んでいくこともできます。

当たり記事を1~2つ生み出せれば、十分ドメイン代は取り返すことができるでしょう。

ドメインを取ったらすぐに作業に取り掛かりたいので、

  • アドセンス審査用の記事
  • 記事ネタの準備
  • 外注ライターさんの確保

このあたりが整ったらドメインを購入して、一気に進めてみたいと思います。

その時はまた作業報告記事をあげると思うので、楽しみにしていてくださいね。

関連記事

目次