コンテンツスカウターZの性能が凶悪すぎた!キーワード選定はもちろん外注化にも最適

2020 2/10
コンテンツスカウターZの性能が凶悪すぎた!キーワード選定はもちろん外注化にも最適
ニコ
ニコ

どうも、ニコ(@nico_ccho)です。
SEOツール「コンテンツスカウターZ」を購入したので、使ってみた感想を書いていきます。

キーワード選定はブログで稼いでいく上で重要な要素の1つですが

「このキーワード本当に上位表示狙えるんだろうか?」

「ライバルチェックした方がいいってわかってるけど大変すぎる。」

など…実際やってみると不安や不満が出てきます。

それを解決してくれるのがキーワード選定ツール

今回はその中でも(個人的に)とくに強力だと思われる

「コンテンツスカウターZ」を購入し、使用したので

  • どの程度役に立つのか?
  • メリット・デメリットは何なのか?
  • 他のツールじゃダメなのか?

といったことをまとめてみます。

※追記

使い始めてから半年以上経ちますが、

キーワード選定ツールはコレ一択と言って良いほどです。

書き尽くされて飽和していると思われがちな

「正月」「年賀状」「初詣」といった

ド定番のテーマでもザクザクお宝キーワードが見つかって

1記事で数千PV、数万PV達成も連発しています。

ツールでキーワード選定をしたブログのアクセス数画像
ツールでキーワード選定をしたブログのアクセス数画像

コンテンツスカウターZとは

画像

まずは簡単な紹介から。

パッケージ(上記の画像)にも書かれていますが

コンテンツスカウターZは

「コンテンツSEO専用」のSEOツールです。

簡単に説明すると、

お宝キーワードが簡単に見つけられたり

上位表示されているサイトの構成を知ることができたり

「共起語」を知ることができたり

「タグ解析」ができたりするチートツール

解析だなんだというと

アヤシイツールのように聞こえてしまうかもしれませんが

コンテンツスカウターZの販売会社「Catch the Web」は

インターネットで70億円以上売り上げている有名な会社で

これまでも

  • Pandora2
  • キーワードスカウターS
  • COMPASS

などのツールを開発していて

どれも大ヒットを記録している実力派なんです。

コンテンツSEOツールの決定版!「コンテンツスカウターZ」

まぁ、退屈な解説はここまでにして

「で、実際に使えるんですか?」ってところを深堀していきたいと思います。

どれだけ過去にスゴイ実績があろうと

利用して成果が得られなければ何の意味もないですからね。

元ノウハウコレクターの僕はそのあたりにシビアですよ!w

ライバルチェックが簡単になりすぎて寝ながらお宝探しできる

画像

キーワードを入れたら関連キーワードが出てくる…というのは

こういったツールでは当たり前ですが

問題となるのは「このキーワード本当に狙っても大丈夫なの?」という部分。

この判断を下すためには

ライバルチェックが必要不可欠ですよね。

あなたもこんな感じでやっていませんか?

  1. 実際にキーワードを検索してみる
  2. 上位サイトに無料ブログがないかチェック
  3. 上位サイトを順番にクリックして開く
  4. 記事をコピーして文字数をカウント

あるいはキーワードを手動で

「allintitle:〇〇」と入力して表示結果を調べてみたり…。

一つひとつの作業は簡単と言えば簡単ですが

実際やってみるととんでもない時間がかかって

「今日1日キーワード選定しかしてねーな!」と

ストレスを感じることもあります…。

ところがこのコンテンツスカウターZだと

解析ボタンをポチっとクリックすれば

  • 狙っているキーワードを「タイトルに入れている」サイトがどれくらいあるのか?
  • 上位表示されている記事の平均文字数はどれくらいか?
  • 上位表示されているサイトの中に無料ブログや質問サイト(知恵袋など)が含まれていないか?

などがすべてわかってしまいます。

つまり…

ニコ
ニコ

ライバルが弱いキーワードが1発でわかっちゃう!ってことですね!

解析は一瞬で終わるワケではないので

お出かけ前や寝る前に解析しておくのがオススメです。

あとはYouTubeでおバカな動画でも見て笑いながら

裏で解析させておくとかですね!

自分の時間が増えてストレスフリーですw

「どんな事を書けばいいの?」が1発解決!

画像

狙うキーワードが決まっても、

何を書いたらいいのかわからないことってありますよね。

コンテンツスカウターZを使えば

上位表示されているサイトの見出し構成がわかるので

こういった悩みが1発で解決できます。

自分で見つけたキーワードでもそうですが

最近だと

「実際に稼いでいるキーワード教えます」みたいな感じで

キーワードを教えてもらえる機会も増えてきた気もします。

アフィリエイターのメルマガに登録したときとかw

アフィリエイターから教材を購入したときとかw

それで

よっしゃー!これで稼げちゃうわよー!(唐突なオカマ化)

って舞い上がっていても

実際に見てみると「…で、これで何を書けば…?」ってなる事も多いんですよね。

知らないネタだとキーワードだけ見ても

何を書くべきかわからないので。

たとえば…

「〇〇(車名) 4wd ターボ 」というキーワードがあったとして

すっごいお宝キーワードだとしても

何を書いたらいいのかわからなくないですか?

4wdのターボがあるか知りたいのか?欲しいのか?

そもそも元々ターボは付いているのか?新発売されたのか?

とか…

そういうとき、コツコツと調べていたら

めちゃくちゃ時間効率が悪い。

そこでコンテンツスカウターZの「記事構成の解析」ですよw

上位表示しているサイトがどんな見出しを付けているのか?がわかるので

それをパクれば参考にすれば

何を書くべきなのか、迷うことがなくなり

自分の知らないテーマでもガンガン攻めていくことができるようになります。

ニコ
ニコ

最近のSEOでは記事の構成が重要視されています。
書くべき内容を決めるのはもちろん、
・どんな構成が読者に求められているのか?
・どんな構成がGoogleの評価に繋がっているのか?
を参考にできるのはありがたいです。

文字数平均と共起語がわかるので「どれくらいの文字数書けばいいんですか?」が無くなる

画像

ブログを書いていてよくあるのが

「何文字くらい書けばいいんですか?」という質問。

僕は字数にこだわらず

キーワードに対して必要な情報を過不足なく伝えるのが正解だと考えていますが

それだとゴールが見えずに疲れてしまう人もいるでしょう。

また「ライバルより多く書くこと」を目標にする人もいると思います。

そんなときに参考になるのが文字数平均。

上位サイトが平均どれくらいの文字数を書いているのか?が一目でわかるので

「これくらいならいけそうだな」と攻めてみるも良し、

「さすがにキツイな」と引くも良し、です。

たとえば普段2000文字くらいの記事を書いている人なら

文字数平均8000のキーワードを攻めるのはキツイですよね。

そんなときはスッパリ諦めて別のキーワードを探しましょう。

ニコ
ニコ

ダメ元でやってみるのもいいですが、
見込みが薄いようなら最初から手を出さないのも1つの効率化です!
その分、他の記事作成に時間を使えますからね。

逆に行けそうならガンガン攻めます!

で、コンテンツスカウターZでは

共起語という「記事に含めるとイイ言葉」もわかるので

それを含めつつ、上位サイトと同じかそれ以上の文字数を書けば…。

どうなるかは言わなくてもわかりますね?フフフ。

まだまだこんなもんじゃありません!順位検索する機能もついてます!

画像

ブログを運営していると

自分のサイトが今何位なのか知りたくなるときがあります。

順位を知れば改善のために記事をテコ入れしたり

タイトルを変えてみたりと色々な施策ができるワケですが

そうで無くても狙ったキーワードで何位なのか…

ランキングを知ることができればゲーム感覚になれて楽しいです。(個人的な意見w)

ところがこの順位チェックのためのツールが

意外と高かったり…500キーワードしか登録できなかったりと

色々な制限がある場合が多いんですよね。

あと値段が高かったり…。

でもこのコンテンツスカウターZには

ランキングのチェック機能もしっかりと付いています。

さすがにコンテンツSEO専用ツールと語っているだけのことはありますね。

もちろん登録できるキーワード数に制限はありません。

これは非常にコスパがイイ!!

ただ…順位チェックにかかる時間が若干長いのが気になります。

夜中のうちにやっておくとか

そういう使い方をすれば問題ないんですけど

キーワードをたくさん登録すればするほど時間がかかるようになるので

今すぐ知りたい!1分以内に!ってときには使えません。

ニコ
ニコ

そんなに急いで見る意味もないんだけど
せっかちなところがある人は「はよして!」って思うかも

過去に販売されたCOMPASSを使っていたニコ的には…

画像

じつは、COMPASSやキーワードスカウターSといった

類似のツールが同社から販売されています。

それぞれどんなツールなのか簡単に説明すると…

キーワードスカウターS

  • キーワード解析ができる

COMPASS

  • キーワード解析ができる(キーワードスカウターSと同じ)
  • ライバルチェック
  • ランキングチェックができる

って感じで、キーワードスカウターSの上位版がCOMPASSだったんですね。

で、僕はCOMPASSを使っていたんですけど

今回コンテンツスカウターZに完全に乗り換えました。

見出し解析と共起語解析が追加されたから…というのもあるんですけど

キーワードの解析で「ポータルサイト」や「無料ブログ」の有無がわかるようになったのが大きいです。

これがわかるようになったことで

より効果的なキーワードがサクサク見つけられるようになりました。

弱いブログが上位表示している=お宝キーワード(の可能性が高い)と考えられるからです。

無料ブログは即効性がある分、記事を積み上げてパワーを付けた有料(WordPress)ブログには劣るというのが一般的な考え方です。

そんな無料ブログが上位表示しているところをツールで見つけることが出来たら…

勝てる見込みがある勝負だけが出来る!

さらに自分が特化ブログを運営していて、上位の無料ブログがごちゃまぜ雑記ブログだった時は…

申し訳ない気持ちになるくらい上位表示が簡単。

そんなわけで、COMPASSも優秀だったんですけど

この機能が追加されたことでコンテンツスカウターZはさらに上を行ってしまった…ということです。

ただCOMPASSにもいい所があります。

機能面では完全に敗北していますが

COMPASSは買い切りなのに対して

コンテンツスカウターZは月額課金なんですよね。

そこまで高い物でもないですし

効率化を考えれば必須ですけど月額ってなんだかメンドクサイ…。

「なんとなくわかったらいいや」という人は

COMPASSを選ぶのもアリかもしれません。

ちなみにお値段は

COMPASS:8618円(買い切り)

コンテンツスカウターZ:2980円(月額)

となってます。

ニコ
ニコ

月額がイヤで「コンテンツスカウターZ 買い切り」とかで検索しまくったんですけど
現状は月額しかないようなので、そこはちょっと残念

コンテンツスカウターZは外注化との相性も抜群!

画像

僕が外注化していて一番大変だなと思ったのが

「記事の構成」を考えることでした。

先ほども書きましたが、知らないネタの構成を考えるのって

めちゃくちゃ時間がかかるんですよ!

外注化しているとどんどん新しいキーワードや

タイトル・見出しを用意しないといけないので

いちいち調べていたらキリがありません。

でもコンテンツスカウターZで

上位サイトの見出し構成を見ちゃえば…

全然知らないネタでも構成を参考にできるので

あとは外注ライターさんに「コレ書いといて」って言えちゃうんですw

超簡単すぎてインスタントラーメンにお湯を入れる感覚で出来ちゃいます。

そしてキーワードもザクザク見つけられるので

外注さんの執筆ペースに追い付かないということも無くなりました。

外注さんが増えすぎるとキーワードが足りない・見出しを作るのが追い付かない

かと言って少なすぎるとブログの記事が増えない・納品されずに消えられたら困る

という悩みがあったので、それを解決できただけでも僕にとっては価値がありました。

ニコ
ニコ

外注化を考えている方にはとくにオススメです♪

でも正直許せません…!

画像

コンテンツスカウターZは素晴らしいツールだと感じていますが

あまりにも素晴らしすぎるがゆえに許せないと思うこともあります。

一言で言えば

なんでこんなヤバイツールを売ってるんですか!ってことですw

このツールが広まれば、どんどん質の高い記事が量産され

お宝キーワードも奪い合わなければいけないようになってくるでしょう。

せっかく見つけたブルーオーシャンを

ライバルにも見つけられるかもしれない…という恐怖があるわけです。

それに加えて、ツールを持っていない人との差は開く一方だなぁっとも感じます。

やっぱりお金をかけている人が強いのか…と

ちょっと悲しくなっちゃいますね。

月額3000円程度なら「お金をかけてる人」というほどでもないと思いますけど…。

とは言え僕も散々お世話になってますし、

「販売中止してくれ!」と言ったところで

どうにかなるものではないので

割り切って使い倒してやりますよ!w

コンテンツスカウターZのメリット・デメリットをまとめると

画像

ここらへんで一度、コンテンツスカウターZのメリットとデメリットをまとめますね。

【メリット】

  • ライバルチェックが簡単でお宝キーワードがザクザク見つかる
  • 文字数の目安がわかる
  • ランキングチェックができる
  • 上位サイトの見出し構成がわかる
  • 共起語がわかる

【デメリット】

  • 買い切りタイプがない(月額制)
  • ランキングチェックはちょっと遅い

機能面ではほぼ完璧で

デメリットと言うほどの物はないと思っています。

ただ買い切りじゃないのは個人的にはかなりマイナス!

最初の1歩を踏み出すのが「月額かぁ」ってけっこう悩みましたw

ニコ
ニコ

メリットの方が圧倒的に大きいので
購入してしまえば気にならなくなりますけどね

あと、他のツールじゃダメなんですか?という点ですが

僕はダメだと思ってます。

部分的にはコンテンツスカウターZと同じことができるツールをいくつか知っています。

そういう意味では

色々なツールを使えば同じような解析は出来るだろう…というのが正直なところ。

ですが必要な要素が、

すべて1つに詰まっているのが

このツールのいいところなんですよね。

あれもこれも購入して、

全部同時に起動して~ってやるのはコスト的にも効率的にも悪いので!

コンテンツスカウターZはこういう人に向いてます

画像

コンテンツスカウターZは以下のような人に最適です。

  • キーワード選定が苦手
  • どのキーワードで書けばいいのかわからない
  • このまま続けて大丈夫なのか不安
  • ライバルチェックが苦手(むしろやってない)
  • 記事構成やタイトル、見出しの文章が思いつかない
  • 作業時間を短縮して自分の時間を作りたい
  • 文字数の目安が知りたい
  • 記事のランキングが知りたい
  • 「解析」とか「数値」を見るのが好き
  • いろんな解析をコレ1つで済ませたい

上記が1つでも当てはまるようなら

コンテンツスカウターZを購入して損はありません。

今までの悩みが一気に解決されるでしょう。

一方こんな人は購入しない方がいいです↓。

  • 買い切りタイプのツールが欲しい
  • 日々のキーワード選定やライバルチェックが苦痛ではない
  • 他人の記事を参考にせず自分の力だけで挑戦していきたい
ニコ
ニコ

自分の状態をよく見極めて
必要だと感じたら惜しみなく投資する。
逆に不要なら絶対手を出さない。これが大切です!

キーワード選定はCSVを取り込もう

画像

コンテンツスカウターZでは、

キーワードプランナーなどからダウンロードしたCSVファイルを

そのまま取り込んで解析に回すことができます。

こうすることで、キーワードプランナー上で表示されていた

検索ボリュームなどの一部の数値が

コンテンツスカウターZ側にも反映されるのですが

これは絶対にやってほしい!!

どれだけライバルが弱いキーワードでも

どれだけ上位表示できても

検索されなければ意味がありません!

キーワードの検索ボリュームを事前にチェックすれば済む話ですが

たくさんのキーワードの検索数を覚えるのは大変です。

なのでキーワードプランナーを使っているなら

必ずCSVファイルをダウンロードして

それをコンテンツスカウターZに読み込ませて解析しましょう。

知らないうちに月間検索数が

10程度しかないキーワードで記事を作っていたら

とても悲しいですよ><

オリジナル限定特典追加!「誰でも簡単!Excelキーワード解析シート」

コンテンツスカウターZは強力な解析ツールですが強力すぎるがゆえに

情報量が多すぎてどのデータを参考にすればいいかわかりません

という相談をいただきました。

た…たしかに!!w

せっかくいいツールを持っていてもそれだと意味がないし、

悩んでいる時間がもったいない!

というワケで、普段からニコがこっそり使っている

キーワードの解析シートをプレゼントすることにしました。

その名も「誰でも簡単!Excelキーワード解析シート」ですw

コンテンツスカウターZの解析データを読み込ませて使用するので

ライバルチェックが苦手な初心者の方でも

簡単にお宝キーワードを発見することができます。

使用画面はこんな感じ↓

特典画像

こんな感じで一目で狙い目のキーワードがわかるので

あとはそのキーワードを〇〇に入れたり…

××な物は△△に使って記事を書くだけ…むふふ

(詳しくは特典マニュアルで!)

これならキーワード選定やライバルチェックが苦手でも

迷わず実践できそうでしょう?

実際に受け取っていただいた方には

「お宝キーワードがザクザク見つかる!」

「キーワード選定で迷うことがなくなった!」

「重宝してます!」

と喜びの声をいただいておりますよー!

ちなみに…

Excelとか操作難しいんじゃないの?という方も安心してください。

基本的にコピペで済むように出来ていますし、

解説マニュアルもしっかりとご用意しました。

初心者でも出来なければ意味がないですからね!

※必ず購入画面で特典表示があるか確認してください!(表示が出ていないと特典を受け取ることができません。↓

特典

ちなみに、このシートはコンテンツスカウターZとセットでなければ使えません。

そのため「特典のみ欲しいです!」はナシでお願いします。

ぜひこのシートを使い倒して

ライバル不在のキーワードでアクセスを集めちゃってくださいね。

以上でコンテンツスカウターZのレビューを終わります。

気になった方は以下のリンクから詳細をチェックしてみてくださいね。

コンテンツSEOツールの決定版!「コンテンツスカウターZ」

ではまた~!

ニコ
ニコ

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

関連記事

目次