うも、nicoです^^

前回は「第20回!絶好調でニヤけ顔のnicoが外注記事を見て真顔になるの巻」で納品された記事を見て衝撃を受けたnico。

 

で、今回は…ついにShinobiライティングさんで記事を発注するのをやめようと決意したのでその経緯と今後について書きます!

Shinobiライティングをやめようと思った理由

なぜnicoがShinobiライティングで記事発注することをやめようと思ったか…

前回までの記事を見てくれた人はなんとなくわかると思いますが、

とにかく記事の当たりはずれが激しい!

そして次に、こちらから細かな注文を出せないので、

意図したものと違う記事が完成することがある!

そして最後に、露骨な字数稼ぎが多い!

 

ざっくりいうとこの3つです。

 

nicoが使っていたShinobiライティングの

かんたん発注は、記事のタイトルと

記事内で使ってほしいキーワードを数個指定するだけで

発注できるというもの。

 

ですが、この記事内で使うキーワードと言うのが曲者で、

記事内で使ってさえいれば、自分の意図した内容と違っても

当たり前のように納品されてくるんですよね…。

(まぁ、キーワードだけで

意図をくみ取れというのも難しいので仕方ないのですが。)

記事のあたりはずれが激しい

Shinobiライティングには

多くのライターさんがいらっしゃるので

文章を書くのが上手な人もいれば

「うーん」というような人もいます。

 

これに関しては

多くの記事を発注したときに

1人の人に任せていたらなかなか記事が仕上がってこないですし

メリットもありデメリットもあるって感じなので

仕方ないかなと思いますね。

 

はずれのパターンがたくさんあるときは

手直しが大変ですが、

そこはある程度割り切って利用できていました。

字数が稼ぎやばい

字数稼ぎ…スゴイです。

ライターさんに悪気があるかどうかはわかりませんが。

 

nicoはアイドルに関する記事を書いてもらっているのですが

「〇〇(アイドル名)は人気グループ××のメンバーで、アイドル的な存在です」

とか普通にあるのですが、

アイドル的な存在ってなんやねんっ!!って思ってしまうんです…。

アイドル的な存在ではなく、アイドルなんですよ。元々。

 

最後のアイドル的~~を無くして、

「××のメンバーです。」だけでいいと思うんですよね。

 

あとはなぜか過去の行いについて書いてきたり…

半分くらいは求めていない文章になっていることがよくあります。

キーワード使ってたら何でもOK?

これがnicoがShinobiライティングの利用を

やめようと決意した最大の理由です。

 

先にも書いた通り、発注の際

記事内に入れてほしい言葉をいくつか指定できるのですが

そのキーワードが全く意図した内容で使われていないことがありました。

 

なるべく書いてほしい内容がライターさんに伝わりやすいように

「××(グループ名)〇〇(アイドル名)の性格はどんな感じ?良い?悪い?」

というような感じのタイトルを付けました。

 

求めている記事内容はタイトルの通り、

そのアイドルの性格はどんなものなのか?いいのか?悪いのか?です。

 

それが上手く伝わらなかったのか

とんでもない記事が納品されました。

nicoのブログの内容がバレるので、

地域名やグループ名の部分は伏せますが、

一時期は落ち着いていましたが、最近になって再び〇〇(ジャンル名)人気が復活していますよね。

××(地域名)での活動に積極的なグループも多いので、××の〇〇ファンもアイドルたちの応援を楽しめる毎日が続いています。

続々とフレッシュな男性アイドルグループがデビューしていますが、
××でも人気だった△△(グループ名)の弟分的な存在としてデビューのが●●(グループ名)です。

はい、この時点で200文字近くいってます。

 

全く性格に関係していないことがわかるでしょうか?

続々とフレッシュな~~とか(というかほぼ全体?)字数稼ぎでしょう。

 

このあとも、このグループはファンからどう呼ばれているだとか

いろんな地域のメンバーが在籍しているだとか

元スポーツ選手という異色の経歴のメンバーだとか

全く性格に関係ないことがだらだらと書かれています。

 

そして…

スポーツで鍛えた肉体美とシャープな二枚目のルックスが特徴の〇〇(アイドル名)ですが、

いったいどんな性格なんでしょうか。

顔もスタイルも良くて、
それでいて性格までいいというパーフェクトな存在が現実にいるのか気になりますよね。

…はい??

スポーツで鍛えたなんたらのあたりは字数稼ぎのように思えますし

「いったいどんな性格なんでしょうか。」

顔もスタイルも良くて、それでいて性格までいいというパーフェクトな存在が現実にいるのか気になりますよね。

これはさすがにひどすぎて笑いました

 

どんな性格なんでしょうかって^^;

それをあなたに書いてほしいんですけどw

 

ここまでで400文字ですよ。

 

500文字で発注して

これが納品されたときのショックは相当なものでしたよ。

 

手直ししたら使えるとかいうレベルでもないですからね。

 

コレを見た瞬間に

「あ、やっぱり外注さんとはちゃんと話さないとダメなんだ」

って思いました。

というわけでnicoの今後は…

今後はランサーズやクラウドワークスなどを利用して

外注化していく方向で進めたいと考えています

 

でも、やっぱり人を雇うって怖いんですよね><

 

登録するのも勇気がいりますし、

方式?とかよくわからないのであって

どうやって発注(募集?)するのかとか…

豆腐メンタルには苦しいです。笑

 

話さなくていい!ウェブで発注するだけ!

っていう簡単なShinobiライティングだからこそ

気楽に取り組めましたけど、

やっぱり人を雇ってやりとりして記事を書いてもらうとなると

全く違った恐怖が押し寄せてきます…。

 

ただ、Shinobiライティングを利用したことで

人に記事を書いてもらうっていうのが

どういう感覚なのかというのはわかったので

以前よりは抵抗がなくなったと思います^^

 

そういう面では非常にいい経験をさせてもらいましたね♪

 

Shinobiライティングもいいところはたくさんあるのですが

はずれを引いてしまったときは大きな損失につながりますし

記事に一定のクオリティは期待できないので

  • とにかく記事数を増やしたい(サイトにボリュームをだしたい)
  • サテライトサイトに記事をいっぱい入れたい

というときに利用するのが個人的にはオススメかなと感じました。

まとめ

今回のnicoのお話。

  • Shinobiライティングはメリットもあるけどデメリットもある
  • nicoはメインサイトでの利用はやめようと思った
  • 今後はランサーズやクラウドワークスで外注さんを見つけたい(願望

以上。

 

次回からはしばらくランサーズやクラウドワークスに登録する恐怖や

外注さんを雇うという恐怖で

オロオロするだけの記事になるかもしれません!

nicoの迷走ぶりをぜひお楽しみにw

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!